three original contents

かまぼこ鈴廣×有田焼深川製磁×フラワーアーティスト前田有紀 トリプルコラボで実現する令和時代の「美しい和の食卓」

匠のトリプルコラボで提案する美しい和の食卓

匠のトリプルコラボで提案する美しい和の食卓
SPCIAL PROJECT

かまぼこ鈴廣×有田焼深川製磁×フラワーアーティスト前田有紀

photo:Takashi minekura  edit:Takeshi Koh Design:Miki kuramachi Studio 深川製磁 TheHouse

全国で愛されるかまぼこブランド「鈴廣」。宮内庁御用達の有田焼ブランド「深川製磁」。
100年以上の歴史を持ち、永きにわたり和の文化を支えてきた両者が、
令和時代の新しく美しい「和の食卓」を提案すべくコラボレーション。
ゲストに迎えるのは、表参道を拠点に活動するフラワーブランド「gui」プロデューサー・前田有紀。
本シリーズでは、彼女が鈴廣×深川製磁を主役とした「和の食卓」をスタイリングし、
時代感を捉えたハイクオリティライフの形を提案する。

前田有紀
フラワーアティスト 前田有紀フラワーアティスト 前田有紀

慶應義塾大学卒業後、テレビ朝日アナウンサーとして活躍。
2013年に退社しイギリスへ留学。
帰国後3年間の花屋修行を経て
「花とあなたが出会う場所」をコンセプトにした
移動花屋「gui」を立ち上げる。鎌倉暮らし。
2歳の男の子のママ。

令和時代の新しく美しい「和の食卓」令和時代の新しく美しい「和の食卓」

フラワーアーティスト・前田有紀がつくる「テラスおでんパーティー」

第二弾となる今回は、充実したハイクオリティーライフに欠かせない「ホームパーティー」のシーンを提案。第二弾となる今回は、充実したハイクオリティーライフに欠かせない「ホームパーティー」のシーンを提案。

第二弾となる今回は、充実したハイクオリティーライフに欠かせない「ホームパーティー」のシーンを提案。

「私も年に数回は親戚や友人を招いてホームパーティーをしています。
ただ、和の食器や食材を中心におもてなしをしたことはなかったので、
今回とてもワクワクしながら挑戦しました。
寒い季節に、あえてテラスで温かいおでんを。
美しい和の食器を愛でながら。そんな風情ある空間にフラワーを添えて、
大人のパーティー空間をつくってみました」

前田さんがコーディネートしたテーブルはこちら。前田さんがコーディネートしたテーブルはこちら。

「食欲をそそるおでんを中心に置きながら、
パーティー向きな美しいかまぼこも
たくさん準備していただきましたので、
それらは黒いお皿に乗せて
色味を引き立たせました。
余白があっても美しいのは和の食器の魅力ですね。
お花型のシルエットもモダンで素敵です」

職人づくりおでん鍋 5,030円、木賊(トクサ)9号土鍋   20,000円(全て税抜)

具材は鈴廣「職人づくりおでん鍋」5,030円
鍋は深川製磁「木賊(トクサ)9号土鍋」20,000円(全て税抜)

超特選蒲鉾 古今 鹿の子 3,900円、ネロ プレートnero 6,000円(全て税抜)

「超特選蒲鉾 古今 鹿の子」 3,900円
「ネロ プレートnero」 6,000円(全て税抜)

「おでんもとっても美味しいですが、
おーどぶるシリーズやピンチョススタイルなど、
かまぼこのイメージが覆るフードにも感動しました。
“かまぼこ職人のアート”と銘打たれ、
イチヂクやアボカドなど
様々な食材が詰め込まれたおーどぶるシリーズは、
切って盛り付けるだけで簡単に
パーティーシーンが演出できます。
かまぼこを土台にして
好きな食材を乗せるピンチョススタイルも、
オリジナルの味わいにチャレンジできて楽しいです。
かまぼこも進化していることを、
いろんな方に教えたいです(笑)」

「海山のおーどぶる詰合せ 」4,100円
「ネロHISAGO bianco 」 3,000円(全て税抜)

「かまぼこピンチョス/謹上蒲鉾」 1,100円

「屋外の開放的な雰囲気を楽しめるよう、
お花はあえてテーブルに直接散りばめました。
ピンクッション、ダイヤモンドリリー、
ガーベラ、ミディファレノなど、
パーティーらしい賑やかなカラーのお花をセレクト。
花びらの枚数や形状が異なるものを集めることで、
主役の食材と食器を邪魔しない最小限の数で、
賑やかさを演出しました。
数時間このようにお楽しみいただいた後は、
水を入れた平たいお皿や花器に
浮かべて飾るのもおすすめです」

上のお皿は「百代草 プチアントレ」 2,500 円、
下のお皿は「ネロプレート nero」 6,000円(全て税抜)

「和の食器を重ねて使うことができるということを初めて知り、
世界が広がりました。
外国の食器にはルールや義務がありますが、
日本の食器って実は自由なんですよね。
今回は上のお皿にお花を入れてみましたが、
これだけでかなり新鮮な印象。
他にもいろいろな自由な使い方を想像してしまいます」

「大切な親戚や友人を家に招いて関係を深めることは、
人生を豊かにする上でとても大事ですよね。
『外でおでんパーティー』というワクワクする言葉でお誘いし、
美味しいおでんで一緒に体を温めて、
美しい食器やお花を愛でながら時間を共有する。
そんな素敵なおもてなしを、私自身の生活でも、
今後実際に取り入れていきたいと思っています」

鈴廣suzuhiro

1865年(慶應元年)に創業した小田原のかまぼこブランド。
伝統職人の間で脈々と受け継がれてきた技と心が、
素材である魚の風味を最大限に引き出す形で、
もっちりとした食感の「かまぼこ」に昇華する。
「かまぼこ博物館」やレストラン「えれんなごっそ」も運営。

鈴廣かまぼこオンラインショップはこちら

深川製磁fukagawaseiji

1650年有田で窯に火を灯した深川家が1894年に設立した工芸会社。1900年パリ万国博覧会金賞受賞後、1910年に宮内省御用達を拝命。生地、釉薬、絵具の調合から仕上げに至る迄一貫して自社内で行う稀有な工房は、有田で最多の七名の伝統工芸士を抱え、世界最高品質の陶磁器を生み出している。上品で洗練されたデザインは海外でも注目を集めている。

深川製磁fukagawaseiji

深川製磁店舗情報一覧
鈴廣かまぼこオンラインショップはこちら
深川製磁店舗情報一覧

第3弾では、前田さんがコーディネートした
「晩酌」テーブル&「おでんパーティー」テーブルで披露した食材と食器の組み合わせを
そのまま買える「three限定お歳暮セット」をご紹介。
近日公開予定!

第1弾はこちら