【各務太郎×龍崎翔子】ホテルで未来の暮らしを提案する若き経営者たち

物質的な贅沢よりも、体験的な贅沢を。そんな時代の中で「ホテル」の変革の時を迎えている。単なる宿泊機能だけでない"付加価値"をどう提供するか。そんな課題に挑戦し独自の答えを出した2名の若きホテル創業者。"ソーシャルホテル"「HOTEL SHE,」代表・龍崎翔子と、"泊まれる茶室"「hotel zen tokyo」代表・各務太郎。「現役東大生」と「ハーバード大学院修了生」という華麗なる経歴の持ち主であ...
SNSにも投稿
  • Ryosuke Ogushi

    ONLINE&OFFLINE / ラクガキスト

    日本人は旅行を考える時、宿泊をイメージすることが多い、大事に考えることが多いのだが、それが宿泊施設→手厚いサービス→高価格となり、ある時期から安価でシンプルなステイ&移動と体験で楽しむ海外旅行客のスタンダードやそのライフスタイルに押し負ける印象もあった。 が、ここへきて宿泊施設→国や街、場所の体験、空気、カルチャーベースという、必ずしも高価格なサービスの必要ない価値観の提供、それを喜ぶユーザーが増えてきた気がする。 アドレスホッパーというライフスタイルもある。 旅行、移動、生活、居住がシームレスになる未来のパターンもアリなんだろなぁと。

    2019/11/5 12:50

    スキ!

    5


    • 𝔫𝔦𝔥𝔦𝔩

      Webライター/エディター

      龍崎さんの「憧れのライフスタイルを試着できる場所」、各務さんの「ライフスタイルをインストールする箱」という言葉がとても良い。日本人には「生きるために働く」というより「働くために生きている」感覚があって、いわばライフスタイルに融通が利かない生き方だったと思う。でも昨今の「個」にフォーカスして、自分のしたいことや好きなこと、それこそライフスタイルに向き合える時代なってきた。「Hotel zen tokyo」は、そういう自分自身と向き合える素敵なホテルだと思う。「HOTEL SHE,」も、あの憧れの空間でチルりたいと思った。あとプライベートブランドがめっちゃおしゃれ。 こんな生き方いいなと思える空間に、気軽に触れられるお二人のホテル、ぜひ宿泊してみたい。

      2019/10/22 04:51

      スキ!

      7


      • Hiroaki Muto

        日本デザインセンター / コピーライター / プランナー

        カプセルホテルを茶室と重ねてコンセプトメイキングするのは面白いなと思った。肌感ではカプセルホテル嫌いの同世代が多いけど、実際に外国の人に受け入れられるのかが気になるところ。

        2019/10/20 06:52

        スキ!

        6


        • 木本考紀

          Kokuhaku Inc. / 代表取締役CEO

          「ホテル経営」をこの世代で実現していることこと自体、本当にすごいことだし何よりもまず尊敬する。さらにその先を見据えたホテルにとどまらない「暮らし」全体の考え方が面白いし参考になる。

          2019/10/18 11:25

          スキ!

          8


          • Takeshi Koh

            株式会社かくしごと / 代表取締役社長

            IQとクリエイティビティを超ハイレベルで兼ね備えた2名の対談。お互いが高速で的確かつキャッチーな言葉を放ち合う非常に刺激的な現場でした。記事に詰め込みきれていない面白い話もたくさんあるので、今後は対談のライブ配信なども検討していきたいなぁ。

            2019/10/18 09:51

            スキ!

            7

            コメントを削除

            キャンセル